中山間地域における生活の利便性向上

現状

1.人口減少や高齢化により食品など生活必需品を提供する店舗が減少している。
2.中山間地域では、バス路線の休廃止が続いている。
3.高齢者は、遠くの店舗まで行くことが難しくなっている。
4.地域住民による買い物支援、移動支援等の生活支援の活動も困難になっている。
5.ドローン物流は電波環境や、運搬量、採算性等の問題があり、それだけでは解決しない。
6.移動スーパーが、週1・2回巡回している地域がある。

課題

生鮮食品等の移動販売は行われているものの、身近な場所で好きなときに食品等の生活必需品を買い物できるよう、採算性を確保しながら生活支援サービスの充実を図ることが課題となっている。

募集するプロジェクト

地域住民が、身近な場所で買い物できたり、高齢者の移動を支援するなど、持続可能な生活支援サービスの充実を図るプロジェクト
(例)移動販売事業者と連携した無人店舗の運営や、公共交通を活用した生活必需品等の搬送といった物流の効率化に配送のラストワンマイルの見守り支援の組合せなど

応募方法

募集期間
2022年8月17日~2022年9月20日
応募コース
【Aコース】費用上限:500万円
【Bコース】費用上限:1000万円
のいずれかを選択してください。
提出書類
次の書類の必要事項を記入し、実証実験応募フォームへ添付してください。
1.応募者情報
2.応募フォーマット
3.概算見積書(様式任意)
 ・本委託業務の実施に伴う全ての経費(消費税及び地方消費税相当額を含む)を算出し、見積書を作成してください。
 ・積算の詳細内訳がわかるように記載してください。
4.「富山県デジタルソリューション推進事業 Digi-PoC TOYAMA」参加のための同意・誓約事項
5.その他参考となる資料

1、2、4は以下の「提出書類様式」をダウンロードしてください。
※提出書類様式以外で提出された場合、審査の対象外となります。

提出書類様式(.zip)

募集は終了しました