企業のデジタル化・DX推進

現状

1.県内企業がIoTやAIを導入するにあたり課題に感じていることの上位として、「取得したデータの分析・活用方法の検討」、「IoT・AI活用人材の確保・育成」が挙げられている。
2.特に中小企業においては、日々の生産に追われ、人材育成の研修やセミナーに参加したくてもできず、IoTやAI等デジタル技術導入に向けて前進できない状況にある。
3.IoTやAI等デジタル技術導入後も収集したデータをどのように活用するか検討中の企業も多く、最適化に向けた後押しを必要としている。

課題

中小企業等が従業員への研修等を通じてデジタル人材を育成するには相当の時間を要するほか、県内外の兼業・副業人材の活用も十分でないなど、企業内でデジタル化・DXを牽引するデジタル人材の育成・確保が課題となっている。

募集するプロジェクト

企業と兼業・副業人材、学生、定年退職者等とのマッチングなど、企業におけるデジタル人材の育成・確保を図るプロジェクト
(例)一定のスキルや経験等を有する県内外の兼業・副業人材や学生、定年退職者などを登録し、企業ニーズに応じてマッチングする仕組みの設計・構築など

応募方法

募集期間
2022年8月17日~2022年9月20日
応募コース
【Aコース】費用上限:500万円
【Bコース】費用上限:1000万円
のいずれかを選択してください。
提出書類
次の書類の必要事項を記入し、実証実験応募フォームへ添付してください。
1.応募者情報
2.応募フォーマット
3.概算見積書(様式任意)
 ・本委託業務の実施に伴う全ての経費(消費税及び地方消費税相当額を含む)を算出し、見積書を作成してください。
 ・積算の詳細内訳がわかるように記載してください。
4.「富山県デジタルソリューション推進事業 Digi-PoC TOYAMA」参加のための同意・誓約事項
5.その他参考となる資料

1、2、4は以下の「提出書類様式」をダウンロードしてください。
※提出書類様式以外で提出された場合、審査の対象外となります。

提出書類様式(.zip)

募集は終了しました